リールオーブン

安全性の高い加熱方式を採用しています。強制元混合式で安定した燃焼を行い、 ツインスパーかーによる2点 点火式装置で着火能力も向上させました。 フレームロッドによる炎監視装置が見張っていますので、万一の場合にはガス遮断弁を作動させ、 ガスの供給を自動でストップします。
ガス圧、燃焼用空気が異常な低圧になると、圧力スイッチが働き、燃焼も自動ストップする仕組みです。

カステラトンネルの特徴
  • 焼き上がりが良い

    ガス燃焼による適度な水分により、表皮が薄く、火通りがよく、ムラなく美しく焼き上がります。

  • 生地に優しい生成

    トレーの回転はスロースタート、スローストップ機能の採用により柔らか生地に振動や衝撃を与えません。静かな回転ですから焼成中に天板や食パンケースが移動する心配もありません。、回転リールにスタビライザーが装備され、乗せる重量の偏りに対してもトレーの水平を維持できる安心構造です。トレー軸は特殊鋼材を使用し、長寿命構造になっています。

  • オーブン前の作業が楽です

    ドアを開くとトレーは出し入れに適した位置で止まります。トレーの移動はドアの開閉、またはトレー運転スイッチで簡単にできます。ドアを開くと、熱気吸収構造が開き、ドア前の作業性がよくなりました。

  • リールの逆転装置付き

    トレーが行き過ぎた時に、逆転操作により定位置まで戻すことが出来ます。

  • 噛み込み防止装置付き

    天板、食パンケースの出し入れミスや位置ズレなどで、はみ出したまま運転した時、安全装置が働いて、自動的にうトレーは止まり、噛み込みを防止します。

  • 焼成途中の停電時の対応

    手動に切替えて、焼成皿を取り出し出来ます。

  • 噛み込み防止装置付き

    天板、食パンケースの出し入れミスや位置ズレなどで、はみ出したまま運転した時、安全装置が働いて、自動的にうトレーは止まり、噛み込みを防止します。

  • 強固な本体と高保湿性

    堅牢な鋼材を使用し、溶接構造ですから安心して長年仕様できます。良質の保湿材を使用し、熱ロスの少ない省エネルギー構造です。



ベーカーリール仕様