トンネルオーブン

生産ラインの省力化・合理化にはトンネルオーブンの採用によるライン化が最適です。 電力制御技術・ガス燃焼技術のノウハウを集結し、特に高品質の微妙な焼き上がりを最重点に置きまして操作性、耐久性、安全性等お客様の立場に立った設計を行っています。

トンネルオーブンの特長
  • 集中制御方式

    点火、温度制御、駆動操作は操作盤により集中制御できます。

  • メモリー付自動温度調節

    焼成温度の制御は入口・中間・出口に分けられ、更に上火、下火と6区分されています。
    商品に最適な温度を数多く記憶できます。
    温度比例制御により燃焼用空気量を調節し、空気量に比例したガス量で 炎を大きくしたり小さくして一定温度に保つことができます。

  • 徹底的に追及された安全設計

    ガス点火は自動点火方式で、バーナーごとの炎検知式点火安全装置付きです。
    不着火、たち消えの際は、すぐにガスを遮断し、警報音を発します。
    停電時は自動的にガスを遮断します。

  • 高性能リボンバーナー採用

    燃焼用空気でガスを吸引する燃焼方式にリボンバーナーを組み合わせ
    燃焼量の調節範囲が広く、安定した燃焼によりすばらしい焼き上がりとなります。

  • おいしい焼き上がり

    直火の熱と遠赤外線パネルの採用により火通りがよく、ふっくらと表面が薄く、 おいしい商品に焼き上がります。

  • 静かなコンベア運行

    コンベアは安定した静かな運航で8倍までスピードを調節できます。
    停電時はコンベアを手動ハンドルで回転させることができます。

  • 省エネタイプ構造

    排気を少なくして効率のより燃焼方式を採用しております。
    オーブン炉体は高品質の断熱材を充填した断熱壁構造で、保温性が高く 熱効率のよい構造になっています。

トンネルオーブンの要所

タッチパネル式
個別温調器式
燃焼量制御コントローラー
リターンコンベア
駆動部
バーナー制御